栄養成分ブレンドコーヒーの手引き(^^)

第387話 患者の珈琲学(その51)老化した卵母細胞が若返る

シリーズ『くすりになったコーヒー』

 これはネズミの実験ですが、ニコチン酸を含んでいる深煎りコーヒーは誰が飲んでも安全な飲みものですから、赤ちゃんが欲しくてもなかなか実現しないカップルには朗報です。

●老年雌マウスの卵母細胞をニコチン(NA)を加えて培養すると若返る(詳しくは → こちら )。

 マウスはヒトと同じように、雌の年齢が増すと卵母細胞の質が低下します。老化という以外の理由は不明ですから、この実験の結果は驚きです。データの概略は次の4点です(図も参照)。なお、NADは哺乳類の全ての細胞でエネルギーを作るための重要な補酵素で、かつ長寿遺伝子を刺激して病気を予防し、寿命を延ばします。実験に使ったNAは細胞のなかでNADに変わるビタミンです。

1.卵母細胞のNAD合成酵素NMNAT2の活性が高まっていた(図は省略)。
2.卵母細胞のNAD濃度が向上していた(図上左)。
3.静止期の卵母細胞の染色像が若い細胞に似ていた(図下左)。
4.減数分裂期の紡錘体の形が若い細胞の物に似ていた(図上下右)。

f:id:coffees_for_healthy_life:20190802165931j:plain

 卵母細胞はやがて卵細胞になり受精して子孫を残すことになります。しかし、卵母細胞が健康でいられるのは若いうちだけで、年をとると正常な機能を果たせないことがあるのです。結果として生まれてくる赤ちゃんに障害が出るリスクが高まります。どうしたら妊娠適齢期を過ぎた女性でも安心して赤ちゃんを産めるようになるか?現実には、出生前の遺伝子検査でリスクが高いと判断されると、「産もうかどうしようか」で悩む夫婦が大勢います。
高齢マウスの卵母細胞がニコチン酸で若返るという今回の実験は、ヒトにも当てはまる可能性があります。

●人が年をとるとNADが少なくなる(詳しくは → こちら)。

 正確に言いますと、この表現は間違いです。正しくは「年をとるとNADを作る酵素が減る」ということです。その証拠に、NAD血中濃度は70歳を過ぎてもほとんど変わらないというデータがあります(詳しくは → こちら )。下図左端の棒グラフをご覧ください。白棒は高齢者で青棒が若者のNAD血中濃度の分布です。この図で見る限り、高齢者の方が高濃度であるとも言えるのです。

f:id:coffees_for_healthy_life:20190805100615j:plain

 では最近の論文やネット記事に「年をとるとNADが減る」と書いてあるのは何故でしょうか?論文をよく読んで解ったことは、NADが減るのではなくて、使い終わったNADをリサイクルする酵素NAMPTが減ってくるのです。ですから、この酵素を補うことでNADのリサイクル経路が活性化すると書いてあるのです。こういった論文内容は大型サプリメントの開発に繋がるので、何処かで商売根性がうごめいているようにも思えてしまいます。そんな状況下で、マウスの卵母細胞の実験を知った筆者は、もしNADが不足したなら『NAを使えば簡単に増やせる』と確信しました。

NADリサイクル経路が不活化しても、新たにNADを合成するデ・ノボ経路が動いていれば、NADが減ることはない。

 マウスの実験で使われたNAはデ・ノボ経路を活性化するビタミンなので、卵母細胞のNADが増えたものと考えられます。そしてこのとき増えた酵素は、リサイクル用のNAMPTではなく、デ・ノボ経路の酵素NMNAT2なのです。

 こうしてNAを使うことで老化した卵母細胞は若返りました。そこにはNADで活性化する長寿遺伝子も働いているのですが、ここでは説明を省きます。大事なことは、NADを増やす方法として、大企業や大研究所が挑んでいるリサイクル経路を使わなくても、NAという古くて安価な薬を使う道が確かにあるということです。

●コーヒーのニコチン酸の本当の価値が次第に明らかになる気配がある。

(第387話 完)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
空前の珈琲ブームの火付け役『珈琲一杯の薬理学』
最新作はマンガ! 『珈琲一杯の元気』
コーヒーってすばらしい!
購入は下記画像をクリック!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・